忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トラックも普通に通ってます
どこかの公園にでも置かれていた物でしょうか?
そういえば実際工事の按配はどんなものなのだろう?
と、思い立って基本コースの方を回ってみたところ、
???全然工事してないじゃないですか?
おじさんもいませんし重機もありません。
さらに言えば舗装修繕の範囲も思ったほど広がってません。
以前工事していた辺りで止まっています。
…これはいったい?

確か来年3月ぐらいまで工事やるみたいな事が書いてあったような?
とりあえず一時中断ということなのでしょうか?
まぁ南側の入り口辺りにまだ誘導灯は設置されたままでしたし、
間隔をあけてちょっとずつ修繕工事をしてゆくのかもしれません。
昼夜問わず大型車の頻繁に通る道路ですし
あまりべったりとやって一車線塞ぎ続けるのも…
みたいな感じなのでしょう。
多分。

あと季節的な理由もあるのかもしれませんね。
雨季ですし。

ともあれ今は普通に通れるようなので一安心というところです。
雨天時の流しコースとして活用することにしましょう。


工場の看板の前にポツンと設置されているタコさんです。
結構前から置いてあるのですが、定期的に磨いてもらってるのでしょうか?
車の多い道路と向い合って置かれている割に煤まみれになっていません。
でも誰か空き瓶捨ててますね。
こうして見るとお供え物でもされてるように見えますが。


 
道沿いに学校や高架や商店街まであります
基本行き当たりばったりな徘徊コースではありますが、
大雑把な基本方針みたいなものはあります。
いわゆる「ざっくりと」と言ってる部分ですね。

文字通りにざっくり表現するならば、
「高速道路を中心軸とした円周を歩いている」という感じでしょうか?
高速道路をだいたいのセンター位置とし、
4つほどの大通りのどこをどこまで真っ直ぐ進むか?
曲がった先からどこまで通りをまたぐか?
脇道に入ったりなどの細かい誤差こそ発生したりしますが、
大凡そういった選択によってコースが選択されています。

故にどこをどう切り取るかによって途中コースは大きく変化しますが、
中心軸がある程度固定されているのと
始点と終点が必ず繰丸宅ですので、
最初に歩く部分と最後に戻ってくる時に歩く部分というのは、
途中コースほどの変化はなくだいたい決まった道になるのですね。

前置きがずいぶんと長くなりましたが、
今歩いているのは帰ってくる時によく歩く事になる道です。

チェリオの自販機がありますが、
これは以前の記事の中にも出てきていますね。

ということで今回はこの道を遡ってスタートとし、
通常とはことなる方向に円周軌道を描いてみようと思います。


道を真っ直ぐに抜けると区役所のある大きな通りに出ます。
あるのは区役所だけではありません。
税務署や郵便局、消防署に駅もあります。
この近辺でもひときわ開けた場所という感じですね。
深夜にも関わらず車だってバンバン通ってます。

おや、ここでも道路工事してるみたいですね。
なんだかわりとよく見かけますし多い時期なんでしょうかね?
区役所には一時期大変お世話になりました
さすがに民家ではないとは思いますが…
 
区役所前から少し歩くと雰囲気がやや変化してきます。
民家の割合が増えてくると当然ですが
「いつもの」見慣れた風景になってくるのですね。

が、そんな中に全然見慣れない風体の家?が…!
家…でいいのですよねこれ?
倉庫か何かのようにも見えますが、
荷物を搬出できるような大きな出入口もありません。
屋根の上に被せてあるのはビニールシートですかね?
おそらく雨漏りを防ぐ為に被せてあるのだろうと考えられます。
鉄条網で囲まれた庭?は超草ぼうぼう。
電気ついてますけど中に人いるのでしょうか?
謎過ぎてちょっと怖いですね…これ。
とっとと退散しましょう。


少し歩くと歩行者用の踏切がありました。
イイヨイイヨー
これは素敵ロケーションです。
区役所付近とは打って変わった昭和臭です。

踏切を越えた向こうに公園があるのもいい感じです。

さっそく渡ってみましょう。


おお!?
渡った先にあった公園には
一時代前にタイムスリップしたかのような光景が!

古タイヤに色を塗って半分埋めた遊具に、
コンクリの円柱が並んだ遊具。
アーチ状の雲梯も今となっては珍しい遊具ではないでしょうか?
ジャングルジムもありますし、ちゃんと高い滑り台もあります。

逆に今どきの公園だと設置率がほぼ100%(繰丸調べ)だったりする、
例の家っぽい低い滑り台といった物がありませんね。

もしかするとヒステリックに遊具が撤去されたり入れ替わったりしたのは
ほんの一過性の現象だったのかもしれません。

そういうゴタゴタの中で何らかの理由で手が入る事が遅れた公園は
案外放置されて今に至っているのかもしれません。
実は近所にもゴンドラ型の二人乗りブランコやシーソー等が
未だに設置されている公園が一箇所だけあったりしますし。

人それぞれ意見も様々あることでしょうが、
色々選択肢の幅があった方が公園も楽しい場所になると思います。
なんと言っても遊び場ですからね。


提灯が下げられた神社発見。
この辺りでも夏祭りが近いのでしょうか?

夏の気配がどんどん近づいてきています。
そのせいか猫さんたちも興奮して、
あちこちで盛んにケンカしてました。
残念ながら声はすれども姿は見えず状態ですが。

そういう空気に中てられてか、
なにやら人に絡みながら歩いている風なおじさんの大きな声が…
面倒くさい事にならないようさっさとこの場を離れる事にしましょう。
とりあえず純粋に怖いですし。でっかい声出す人って。
どこを切り取っても素晴らしいロケーションです
広さもあって本当に良い公園です
ちょっと離れたところにも別口でお社がありました
 
せめてクッキングパパ辺りなら…いや…うーん…
いつかこの奥の方へも進んでみることにしましょう
商店街発見。
そして素敵看板発見。
本屋さんのようですが、アンパンマン、アトム、ドラえもんまでは解ります。
が、そう来て釣りバカとコボちゃん…だ…と?
しかも釣りバカは浜チャンだけじゃなくスーさんまで居ます。
ご主人の趣味的なチョイスなんでしょうかね?
比較的ファミリー向けな部分もある新聞漫画のコボちゃんはともかく、
釣りバカはちょっとアダルティ過ぎる気が…

これだけ2キャラ描いてあるところもなんとも言えません。
焼き肉しゃぶしゃぶに向かって飛んでいるかのような
別看板のドラちゃんもなにげにポイント高しです。
またもカムイも「…デキル!」と唸ること間違いなしでしょう。


商店街のこういう脇道のような狭い通りにも独特の風情があります。
今の時期ですと、昼間はグリーンティの匂いだとか、
虫除けの線香の匂いなんかが漂っているのでしょうかね?

完全密封された商品だけを取り扱うお店にはない、
独特の「匂い」が商店街には付き物であり、また魅力なのです。


そして商店街といえば、この手の乗り物です。
ここにはまさしく乗り物型しかありませんが、
今もキャラクター型の物なんかはあるんでしょうかね?
車がモチーフの仮面ライダードライブなど恰好のモチーフだと思いますが。

うしろは甘味屋さんでしょうか?
美味しい羊羹かわらび餅食べたくなりました。
今度公園タイムのおやつに買い食いする事にしましょう。
夜中ですから本格的な物は買えないでしょうけど。
「うん、気分、気分」というやつです。
クラシックな新幹線とブルートレインというストロングスタイル
 
そろそろ折り返しですので、帰宅コースを…と歩いていると、
何か見慣れぬ公園が?
中に入ってみると想像以上の広さです。
しかもあちこちフェンスに覆われていてなかなか外に出られません。
なんじゃこりゃ?と高台に登ると、なんと!
そこでストーンヘンジ発見!(違)
こんなところで古代ドルイドの秘術が(ない。ない。ありません。)
とまぁ冗談はさておき。

遊具だとかそういうものこそありませんが相当広い公園で、
散歩コース的な用途がメインの使用目的の物のようですね。

ストーンヘンジ(違)のある高台から道なりに歩いてゆくと、
ようやく出口を発見しました。

と?

なんとものすごく見覚えのある場所に出ました。
いつも買い物にくる大型スーパーのある通りです。
そうです。
この公園の前をいつも普通に通っていたのです。
見慣れない公園だなーとか抜けた事言っちゃってましたが、
もう何年も前から全然知ってる場所だったのです。

今まで一度も中に脚を踏み入れた事がなかっただけの話で。

ずーっと適当に大きな公園なんだろなーぐらいで考えてましたが、
予想外のスケールでした。

ちょっと前にもそのような事を書いたばかりですが、
やはりわかったつもりで決めつけてしまっていては駄目なのです。
それでは見えて来ない物があるのです。

実際踏み込んでみなければ
内に何を秘めているのかわからないものなのです。

ただ、
「知らないと云う罪と知りすぎる罠」と何かの歌にあるように、
そのバランスを踏み越えると壊れる物だってあります。
人の世の中難しいのです。


さてストーンヘンジを最後に写真がありません。
何故ならそれを最後にバッテリーの警告ランプが出てしまいました。
うっかり3日に一度の充電を昨夜忘れてしまっていたのです。
ぎゃふん。(死語)


ということで今回はここまで。
お付き合いありがとうございました。
まぁベンチなんですけどね
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]