忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人間あれこれ身構えすぎると、酷く空回りをするものです。
古の賢人も言いました。
「過ぎたるは及ばざるが如し」と。

はい。

まったくその通りです。
返す言葉も何一つとしてありません。
ぐうの音も出ないとはこの事です。

さて、もうある程度のオチが読めてしまっているかもしれませんが、
まぁ兎に角最後までお付き合いくださいね。
かーなーりー長丁場になると思いますが…


ここ数日については、「夜間から早朝はもう雨が降る」
という前提で繰丸は考えていた訳ですね。

映画ネタも3連続やっちゃってますし、
いい加減どういう形ででも徘徊ネタを混ぜ込みたいなと、
そんな風に考えたりもしたんですよ。

じゃあもう雨が引いてる隙に出るしかないじゃない!

ということで、久々にちょっと遠くのスーパーまで、
お買い物がてら日中自転車徘徊でもしてみますかと、
そういう段取りで出かけた訳です。

前回そういう目論見がまんまと失敗していますから、
天候を見つつ段階的に範囲を広げていけば…なんて考えて。


この時誰もこのあとずーーーっといい天気状態とか、
そんな想像しない訳じゃないですか?ねぇ?

まぁとりあえず徘徊スタートです。


食玩の充実度が高いので時々利用しています
利用者も普通に多かったです
本当にもう全然よい天気で、おひさまぎらぎらしています。
すっかり青空が広がってますね。
来る途中のコートではテニスを楽しんでいる人がいたり、
野球を楽しんでいるお子様たちがいたり、
スーパーも買い物客で賑わっています。

自転車の子供椅子でママと一緒にお買い物に来ていたちびっ子が、
あまりの陽気にすかーっと寝付いてしまっているような
そんな様子にまで遭遇してしまいました。

今はそんなのどかなアレでも
いつ何時また天候が急変するか解りません。
(と、この時は考えていました)
さっさと必要な物を手に入れた上で周辺を徘徊して回ろう!
と、買い物を終わらせると何やらセルフレジなるものが?

店員さん2名ほどがコーナーに常駐しているのみで、
普段レジでやるような精算作業をお客自らがやるという仕組みのようです。

近所でこういうものを導入しているスーパーは知りませんので、
ちょっと驚きです。

いちいちレジでお買い上げ商品を読み上げられる心配もなく
買い物ができてしまうのでそれはそれで利便性高そうですが、
店側としてはちょっと怖い仕組みな気はしますね。

そういう意味では繰丸ん家の近所では、
あまり見かけないというのもなんとなく納得な気がします。


買い物を済ませ、団地の方へ。
すると蝉取りをしている女子発見です。
姉妹でしょうかね?

女の子とか蝉とか気持ち悪がりそうな気がしますが、
今の子はそうでもないのでしょうか?

兎も角今でもこういう遊びするんですねぇ。
地味に感動しました。


しばらく進むと商店街へと出ました。
横道から入ったので、
折角だから正面入口からの写真を撮ろうと前へ出てみると、
真正面にLIFEが…

この近辺、LIFEとセブン-イレブンをやたら見かける気がします。

ちなみに写真内のお菓子屋さんであんドーナツを買ってみました。
お夜食か朝食にでもいただくとしましょうかね。
やはり皆外で遊んでる物なんですね
ボリュームもあり美味しかったですあんドーナツ
ちらっと看板見えてますが本当にセブン-イレブン多いです
ここはちょっと怖い雰囲気のマンションです
テナントビルっぽいマンションですね
すっごいお洒落な配色のマンションです。南国風?
夜の徘徊で来た時は表通りの方の橋を渡りましたが、
今回は裏手から回ったところにある橋を越えてゆきましょう。
これでいよいよ住之江突入です。


橋を渡ると何やら網がかかった奇っ怪なマンションが?
最初に見かけたそれが
あまりに怪奇ムードのあるマンションだったので、
なんだかよく判らない、怖いものに見えてしまいましたが、
進む道々で同じように網の張ってあるマンションを見て、
あぁそうなのか理解できました。

鳥よけなんですね。
なんてことはありません。
カラスなどがベランダに入ってきたりして、
荒らしたり糞をしたりを防ぐ為のネットなんですねこれ。


バス通りへ出ました。
あとはここを道なりにゆけば住之江公園&護国神社です。


ちびっ子野球やってますね。
ちゃんとユニフォーム来てますし
地元の公式少年野球チームとかなんでしょうか?
見た感じ小学校低学年ぐらいが中心のようですが、
これで全員という事もないでしょうし、
きっと低学年の部とかそういうのなのでしょうね。


公園でも虫取りをしている親子発見。
何が捕れるんでしょうか?
草むらを探していますしバッタ辺りですか。
繰丸の幼少期は草むらに行くとうんざりするほど、
ショウリョウバッタが捕れたものですが、
子供心にあまり好みではなかったですね。
ショウリョウバッタ。

やはりトノサマバッタなどの方がかっこいいな~とか
そんな風に思っていた訳ですが、
とりあえず捕れる物は捕っておくというスタンスで、
日夜草むらに出てはショウリョウバッタを捕まえていました。

そういえば時々口の辺りの形が違う、
気持ち悪い赤い色の牙みたいなものが生えたものが
捕れる時があったのですがアレなんなんでしょう?

当時皆の間では吸血バッタとか呼ばれていましたが、
実際に血を吸うかどうかは誰も確かめてません。
まぁ子供の云う事ですから毎度いい加減なものです。


今どきこういう遊びはわりとご法度的な物だと
勝手に思っていましたが、
今でも公園の水場で遊んだりもするんですね。

横についているのはお母さんでしょうか?

イメージ的にはすごい勢いで止められそうな感じなんですが、
そうでもないんですね。
実際のところ神経質な人というのはごく一部で、
だいたいの親御さんのメンタリティというのは
昔とそうそう変わらないのでしょう。

ただ極端な人が本当に極振りしてしまっているので、
ガイドラインをキツ目に設けなければいけない時代になっただけで。


公園前の信号を越え、ぐるっと回って表通りへ。
ここの道をさらに真っ直ぐ進んでゆくと大阪市外へ出ます。
さすが最南端部です。

でもさすがにここの通りを越えてゆく元気はありませんので、
引き返しましょう。

今はまだその時ではありません。
木陰はかなり涼しいです
家族みんなで虫取りというのも良いですね
そういえばこれ水たまりなのか、もともとこういう物なのかどっちなんでしょう?
本当に車多いです
1階フロアで九州物産フェア的なイベントやってました 駄菓子なども扱ってますし近所のお子様も利用してるのでしょうね
品揃えが豊富な百均は眺めて回るだけでも楽しいですよね
奥のほうで筐体の下にお金落としたっぽいおじさんがいました
さあてオスカードリームの方へ回ってきました。
中に入るのは本当に久々です。

どんな感じに様変わりしているでしょうか?


一階は見知った頃からそれほどイメージ変わっていませんね。
服屋さんとファンシーグッズ?屋さんとメガネ屋さんという構成。

前からお客もよく入っていましたし、ここの主軸なんでしょう。

2階には西松屋が入っていました。
あと服屋さんが2件。
これは昔からの生き残り組ですね、たぶん。
連絡路前にあるロッテリアも生き残ってました。

そういえばこの辺りロッテリアも結構あるんですよね。
南海駅のモールにはだいたいロッテリアが入っています。

天下茶屋はマクドナルドですが、珍しいケースですね。


3階にはダイソーが入っていますね。
結構広い店舗で品揃えも充実しています。
折角来たので豆絞りの手ぬぐいでも買ってゆくとしましょうか。


ダイソーと反対側のフロアにはプレイランド、
つまりゲームセンターが入っています。

ビデオゲームよりメダルゲームメインのようですね。
子供がひとり、おじさんが二人遊んでいました。
省エネ推奨モードなのか、大型扇風機が数箇所に配置されていました。

なんだか気持ちムシムシしますね。ここ。


1階まで降りバスターミナルの方へ出てみました。

そろそろ引き上げなのか、これからお出かけなのか、
なんば行きのバス停にたくさんの人が待っていました。

なんかもうすっかり行楽日和でかつ、
世間もそんなムードで拍子抜けです。

まぁ三連休頭に当たる土曜日ですし、
そういう空気も当たり前といえば当たり前ですが。


市バス最南端のターミナルということで、
ここから市内南側を中心とする幹線を
ほぼフォローするだけのバスが待機しています。

これだけ停まっていると壮観ですね。
なんだか寄生獣の一場面を思い出したのは内緒です。
そういえば久しく市バスも利用してない気がします
緑=量産機 青=隊長機みたいなイメージで見てしまいます
入り口付近や歩道橋の上にも警備員さんが立っています
結構道混んでますし大変です
通りに出て歩道橋を越えれば住之江競艇場です。

写真内にあまり人は写ってはいませんが、
停まっている自転車の数で人出の具合がわかりますね。

親子連れだとか本当に幅広い人達が吸い込まれるように、
歩道橋をわたって中へ消えてゆきます。

そういえば賭けに参加しないでも中を見学とかできるんでしょうかね?
まぁ今回はここであまり時間を取ってもいられないので、
またいずれかの機会という事になりますが。
天気の事もありますからね、今日は。
(と、この時は思っていました。)


再度通りを戻って護国神社前へ。
何やら遠くからサイレンが聞こえてくるなーと思ったら、
消防車がやってきました。

行楽ムードで道も混んでいるためか、
なかなか進めずにいる様子です。

本当に大変なお仕事ご苦労様です。


裏手に入った通りにある公園でぐいんぐいん動物の乗り物版発見。
こんなバリエーションもあるんですね。
とよく見たらこれ、もしかして動かないパターンですか?

だとしたらかなり寂しい遊具じゃないですか?
変形ベンチの一種ということですかね?
風になびいてちょい怖です
手入れが全然入っていない訳ではありません
ガレージか何かだと思いますが何なのでしょうねこれ?
さらに裏手の通りをウロウロしていると、
なんともすごいお家発見。

えぇと…これ、人住んでるんですか?

一番端の家だけがやたら小奇麗でしたが、
この落差は一体?
もし住んでるとしてもこれ、そうとう不便じゃないですか?

すっごいモサモサしてますよ?

そのうち「もういいよ!」と叫びながら、
ボロ布と纏ったおじさんが飛び出して来そうです。


これ人住んでるんですかね?PART2。
先ほどのお家のような野放図ぶりを発揮している訳ではないですが、
ホラー的な雰囲気が半端ないです。

夫婦で住んだら奥さんが別人格に豹変しそうな雰囲気ですね。

おや?ちゃんと表札かかってますね。
失礼な話をしてしまいました。


何か異様な感じの猫よけペットボトルを発見し、
なんじゃこれは?と目をやると、
眼前のトタン壁と軒の隙間から妙な機器が覗いて…?

「火事です!火事です!」

突然中から機械音声が響いて来ました。
どうやら隙間から見えているのは防犯センサーの類のようです。

こりゃ何かやばいと思い慌てて離れた訳ですが、
その後前を車が通過しても、
「火事です!火事です!」とか声が出てましたし、
これ前を何かが通る度に反応するようになってるみたいですね。
しかも反応するはするけれど、
特に誰か出てくるでもありません。

本当になんでしょうねこれ?
ある意味さきほどのホラーなお家より怖いです。
多分古い地元の神様のいる場所なんでしょう
初の縦向きです
商店街そのものはそれほどの規模ではありません
ちゃんと鳥居も構えた小さなお社を発見し、
寄ってみると、単にお社構えが立派なだけでなく、
すぐ横にとても大きな樹が…

注連縄が巻いてありますしご神木なんでしょうか?
樹齢何年ほどとか全然わかりませんが、相当立派ですね。

ちゃんと写真でスケール感伝わるとよいですが、
なかなかに圧倒されます。


そこから少し進むと商店街を発見しました。

手前にある古いお家もいい雰囲気ですね。
きっと古くからこの通りは商店街だったのでしょう。
なんとなく。


入口付近の薬屋さんでサトちゃん発見。
ガールフレンドの方とワンセットで店頭に並んでいたのですが、
そちらの方は片腕が折れていて痛々しかったので写真は無しです。

サトちゃんの方はこんなにツヤッツヤなんですけどね。


商店街内にこんな垂れ幕が下がっていました。
ここ一寸法師の地元なんですね。

生まれたところなのか、それとも流れて行った先なのか?
その辺りはよく判らないのですが、
一寸法師であんりゅーくんって…?

ご当地キャラという事なんでしょうが、
イベント用のきぐるみとかあるんでしょうか?


商店街を抜けたところで事件発生です。

何やらなし崩し的に体調を崩したようで、
ふらふらしながら歩いていたお婆さんの介抱に参加してしまう事に…

転んで擦り傷があったり肩や腰にドロまでついているのに、
「大丈夫」と言って逃げようとするお婆さんを説き伏せながら、
救急車を待つこと5分ほど、
本当にあっと云う間にやってきてくれるものなんですね。

ご近所のヘルパーさんまで出てきてちょっとした騒動になりましたが、
結局お婆さんは救急車に乗らずに商店街へ消えてゆきました。

その後救急隊の方とヘルパーさんで情報のやりとりをしていたようです。
まぁここから先は専門家のお仕事ですね。

この場に居合わせた皆さんはそれぞれの立場で、
色々な事を言ってなだめすかしたりしていた訳ですが、
コミュ障の繰丸はただ「まぁまぁまぁ」とか言いながら、
ずっとニヤニヤと作り笑顔をしていただけの役立たずだったのは
内緒なのです…


とりあえずあの後も何もなかったのならいいのですけどね。
何やらなし崩し的にその中に混ざってしまっただけとはいえ、
そうやって関わった以上気にはなります。

なんかずっとニヤニヤして立ってただけの身ですが。


後編へ続きます。
ほんとうにツヤテカですね
そういえば住吉大社も絡んでましたっけ?
出歩くと何かしら事件に遭遇するものです
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]