忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見様によっては少し怖いですよねさわやかおじさん
ご近所のお祭は20日21日の日程でした
また夜半にかけて天候が悪化するらしかったので、
日中のうちに更新ネタを出てきた訳ですが、
やはりものすごく良い天気ですねぇ。

確かに雲は厚めで風が強い感じはありますけど。

とりあえず夜までの間は急に降ってくるという事もないようですし、
買い物がてらぶらぶら自転車徘徊してみましょう。


今回も加賀屋周辺です。
前回はここから大和川の方から住吉大社までと、
変に広域を回りすぎてとりとめなくなってしまいましたが、
今日はこの辺りをなるべく中心に散策してまわる事にしましょう。

と、いうことで加賀屋天満宮ですが、
ここも提灯が下がっていてお祭りムードですね。

実際の縁日等はこれからなのでしょうか?
それとももう終わったのでしょうか?

だいたいのところは15日辺りから20日前後ぐらいの間で、
お祭をやっているようですが。


工場?上の屋上菜園が本格的ですごいです
こういう時間は大切なのです
例のお菓子屋さんのあんドーナツをもう一度買うというのが、
一応の今回の目的ですので、とりあえず商店街の方へ向かいます。

とはいえ前と同じようなルートでも面白みがありませんので、
ちょっと違った筋から入ってみましょう。


この辺りは公園がとても多いのですが、
入った通り沿いで最初に見つけた公園で、
座って語らうボーイズを発見。

感じからしてゲームでもやっているのでしょうか?
右側のボーイが身振り手振りを交えて何か熱く語っている様子です。

いや、実に良いですねぇ。
こういうトリオは得てして
この後も一生物の付き合いになったりするものですが、
できれば末永く、大事な事もしょーもない事も、
熱く語りあう事のできる仲の良い三人組であって欲しいです。


少し進んだ公園で「谷」タイプの山発見。
やはりあるところにはあるのですね。

しかもご近所の公園にあるものより大きいのではないでしょうか?

一心不乱に女子2名が遊んでいました。
解ります。
楽しいですからね、この山。


水鉄砲を片手に駆けまわるボーイと日除けのしたで語らい合うガールズ。

そのほかにも涼みに来ているらしいお年寄りだったり、
小さな子どもを遊ばせている子連れのパパさんなども来ています。

広さも結構あり、遊具的にも充実しているこの公園は、
とても幅広い人たちに、
これまた幅広い用途で利用されている感じですね。

とても理想的な光景です。
遊具関係もかなり綺麗に手入れされています
本当にヒャッハー!って感じで走り回っています
USJとジブリ美術館と映画村の気分が一度に味わえる?
商店街到着です。
以前は横から入って即出口の方で回ってしまったので、
全然気が付きませんでしたが、
此方側の入り口にはこんなステキオブジェクトがあったのですね。

JAWSとトトロのパネルは
部分的に裏側に回る事のできる仕組みになってますね。
観光地などによくあるような物と同じ感じです。

JAWSは口の中にいる体で、
トトロの方は猫バスに乗っている体で、
それぞれ記念撮影ができると。

写真にはドラゴンボールの物も写っていますが、
これと同じように特に仕掛けになっているものではない、
ポケモンとワンピースのパネルもありました。

抽選会や夜店等イベントの垂れ幕もかかっていましたが、
これらも何かのイベントの一部なのでしょうか?


無事あんドーナツも買うことができましたし、
このまま少し大回りして引き返しましょう。

通りの先には住之江公園が見えていますね。
折角ですから脇を軽く舐めるように進んでみます。
レンガ風の植え込みが小洒落てますね
犬の散歩コースにされている方が多いようですね
すでにこの段階で顔つきに差が出ています
大きな物一つではなく大量に立ってるところが恐怖ポイントです
住之江公園の此方側の通りを抜けるのは、
何気に初めてですね。

道沿いの茂みの奥にはテニスコートが並んでいます。
わりとやってますね、テニス。
近所にもテニス教室をやっているコートがありますが、
昼間通ると必ず人がいますし結構浸透しているのかも知れません。


コンクリのところでだらだらしている猫さん発見。
写真を撮っていると左側の白い猫さんはハッと顔を上げ、
しばらくこちらを凝視した後走り去ってゆきました。

右側の二匹も一瞬「え?何なに?」みたいな反応はしますが、
その後「だるいしいいやー」みたいな感じで、
まただらだらし始めました。

見たところ一番右端の猫さんが一番だらけていたようです。


通りの終わり付近で、
何やらすごい量のパラボラアンテナを立ててる家発見。
…?なんでしょう?これで何を受信しようとしてるのでしょうか?

以前遭遇した防犯センサーまみれのガレージと
同ベクトルの怖さを感じます。


橋を越えるといよいよさようなら住之江公園です。

と…
橋の向こうに目をやると、赤いランプが…


事故のようですね。

ワンボックス車が路肩に停められていて、
横でお巡りさんに事情を聞かれているらしき方がいました。


事故現場と思われる地点ではメジャーを持ったお巡りさんたちが数名。
いわゆる現場検証というものなのでしょうか?

すでに野次馬的な人出もなく、
救急車の姿も見えないので、事故発生から少し経過した後なんでしょうね。

兎にも角にも大事無い事をお祈りします。
学校脇から続く道にある橋のせいか気持ち立派です
何やら仕事中のお巡りさんとの遭遇率高い気がします
一塊感がすごいですね
本当にこれ何の儀式なんでしょうね?
少し進んだ先の公園で、
団子状になってゲームに勤しむボーイズ発見です。

何のゲームやってるのでしょうか?
まさに「食い入るように」という有り様です。

世代が変わってもこういう光景というのも変わらない物ですね。
手に持っている物、凝視している物の差があるだけで。

それよりなのよりこの同じ公園で目を引いたのがこちらです。


最近の公園ではどこでも大体ブランコの下にマットが敷いてあるのですが、

ブランコで遊ぶでもなくそのマットの上で4人組の素足女子が、
同一方向にぐるぐると歩いているという光景に出会った訳ですが、
これは何の儀式なのでしょうか?
流行のおまじないとかそういう物なのでしょうかね?

確かにそういう物にどっぷりハマる時期というのは
必ず通る通過儀礼のようなものですし、
(おまじない等に詳しい子はクラスでも一目置かれたりしますよね)

しかし見ている間中ずうっとそんな感じでぐるぐるやっているのは、
ちょっと不思議な感じの光景でした。


今度は家の前でゲームに勤しむボーイズに遭遇です。
しかし携帯ゲーム機というものは便利ですよね。

親御さんに「天気も良いんだから外で遊びなさい!」なんて言われても、
外で持ち出して遊ぶことができるのですから。

こういう光景だけ見ていると各々で
わりとバラバラに遊んでいる風にも見えて、
「皆で遊ぶ」という部分が抜け落ちているようにも見えがちですが、
案外これで連帯感はあったりするのが面白い所です。

対戦や協力といったモードのあるゲーム以外で遊んでいても、
それは例外ではありません。

一緒に遊んでいる子どもたち同士でなければわからない、
そういう空気感というものってあるんですね。


さらに少し離れた場所の公園です。
雲梯の部分に腰掛けている女子が、
公園の横を通りかかった男子に手をふったりして、
声をかけあっています。

こういう空気もいいですね。

ある時期まで性別や学年も結構シームレスな感じで、
友達付き合いをしていたりするのですよね。

お互い意識しあってグループが男女に別れ始めるのは、
中学校に上がったぐらいからになるのでしょうか?

繰丸の世代だともう小学校高学年ぐらいで、
すでに男女のグループは分かれていた気がします。

これは繰丸の個人的な体感としての話でしかありませんが、
今どきの子の方が繰丸の子供時代のそれより、
よい意味でフランクな感じのノリの子が多い印象がありますね。

少子化ということも影響しているのでしょうけれど、
実際同じ学年や性別のみので固まって遊ばず、
地域内括りであまり歳や男女の区別なくグループを作っていたり、
下の名前で呼び合う子も多いようです。

もしかすると「性別」というものを気にしはじめるのは、
今どきの子供は早熟だとかなんとか言われている話に反して、
高校生あたりにまで繰り上がっているのかもしれません。
少し見え難いですが玄関先の方にも座ってゲームをしているボーイズがいます
そういえば大きな遊具を占領しているのは女子率が高い気がします
もしかすると今はもうお家としては使われていないのかも知れません
レッスンが進むと試合形式での練習とかもやるのでしょうか?
一見すると普通にベランダのあるお家ですが、
よく見ると側面から鉄ハシゴで昇り降りする仕組みなんですね。
つまり家の外からでないと上がる事のできないベランダです。

洗濯物を干したりするのはかなり不便な造りに見えますが、
今も利用されているものなのでしょうか?

鉄ハシゴも幅が狭くて物を持って上がるのには向いてない感じです。

でもこういう素朴な雰囲気は嫌いではありません。
むしろ好きです。


少年チーム的なものなのか単にサッカー教室的なものなのか?
グランドでサッカーに励むボーイズに遭遇です。

ちゃんと指導の先生もいますし、親御さんも同伴していますね。

「足の親指にボールを当てて蹴って…」というような話をしていましたので、
わりと初期も初期の段階みたいな感じですね。

それにしても指導の先生の声がよく通る良い声していました。
独特の体操のお兄さん風です。


そろそろ近所の辺りまで戻ってきました。

と、例のストーンヘンジの公園で
虫捕り網を手にしたボーイズガールズが
蝉捕りをしている所に遭遇です。


ガールズが獲物の位置を確認し、
ボーイズが網をかけるアタッカーと役割分担をしていますね。

捕り易そうな位置に蝉を発見したのか、
一同が息を呑んで網をかけようとしています…

さて…?


残念、まんまと取り逃がしてしまったようですね。

見事にオシッコの置き土産ももらってしまってみんな大騒ぎです。


蝉の鳴き声も変わってすでに夕暮れ時。
家ももう目と鼻の先ですが、
最後にとてもよいものを見る事ができた気がします。

がんばれ、蝉捕りボーイズ!


では今回はこんなところで。
お付き合いありがとうございました。
よく見ると女子の方が比率高いグループなんですね
きっと赤シャツのボウズ頭くんがムードメーカーです
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]