忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前にここでジェットスキーやってる人もいましたよ
祭り舟じたい平たい感じなので見てると地味にヒヤヒヤします
今回もまた方向性の模索です。
そのうえまた日中編です。

続く感じですがあれこれ試行錯誤の時期となにとぞご容赦のほどを。


さて、最近は自転車を持ちだしたりと、
複合技であれこれやったりしていた訳ですが、
この度の趣向はそのさらに拡大版といった体です。

まぁ乗り物を持ち出すのならば何も自転車に限定する事もないよね?
ということで、今日は渡し船に乗ってみる事にしました。

利用するのは何年ぶりでしょうか?
ものすごーく久しぶりで新鮮な気分ですね。

金曜の真っ昼間の利用者なんてそうそういないだろうなとか、
そんな風に思っているとすでにお爺さんが一人いました。

待ってる間ストレッチしてますね。

繰丸と同じくちょっと運動がてら遠出してみようパターンでしょうか?


平時はだいたい15分毎に船を出してくれますので、
あまり待たずに向こうに渡る事ができるのは便利良いですね。

と、船が来る時間になると結構人が集まってきましたよ?
メガネ橋や歩道橋よりずっと手軽に利用できるので、
ちょっとお買い物だとか軽くお散歩とか、
そういう目的で常時利用者は絶えないのかも知れませんね。

渡ってきた船にも結構人が乗っていましたし。

渡し船の横をボートに引かれた祭り舟が横切ってゆきます。
どこのお祭が出しているものでしょう?
お囃子は鳴らしていましたし単なる移動ではないようですね。
もしかするとこうして運河をぐるぐる周回しているのかもしれません。

きっと古くからやってる行事なんでしょうね。
今回初めて見た訳ですが。


渡し船のお陰で超あっさりと大正区へ上陸できました。
20分かけて徒歩でメガネ橋を渡っていたのが嘘のようです。

ちなみに今回渡ったのは落合下の乗り場のもので、
大正区のほぼ真ん中辺りの位置に当たります。

とりあえずざっくりとした目的としては、
ここから北上してゆき大正橋の方へ、
つまり大正区の端まで行ってみようという体です。

基本的に区画整備がわりと行き届いた地域ですので、
どこかしら大きな通りを選んで真っ直ぐ歩けば、
縦断するのは実に簡単な訳ですが…

まぁ折角なのでこのまま真っ直ぐは歩かず、
目の前の公園を抜けてみましょうか。
『小林公園』という名前の公園です


規模の割に珍しく「いつもの」遊具系が見当たらない公園です 横の部分の壁には近隣小学生たちによる壁画が描かれています
遊具が充実してますね。
グランドも遊歩道もあって結構大きな規模の公園ですが、
ちょうどお昼ご飯時という事もあって誰もいませんね。

遊歩道側にも涼みに来ているお年寄り等は見当たりません。
まぁ涼みに来るにもまだ日が高すぎますかね?


公園の脇になんだか大量の車が停まっていました。
全部エンジンかかったままですね。

よく見ると皆運転席で寝ている様子。
車で外回りされている皆さんなんですかね?
ちょうどお昼休みということで人気のない通りに車を停めて、
一眠りという感じなんでしょうか。

お疲れ様です。


千島公園に着きました。
大阪市内で2番めに標高の高い昭和山を中心にした公園ですが、
山を探検するのはまた今度にしておきましょうか。

今日は大正区縦断が第一目的ですからね。

ふと見ると入り口の横にこんな看板が…
誰かやった人がいたんでしょうか?バーベQ?
結構チャレンジャーですねぇ…

そういうレジャー気分で楽しむには
あまりにも都会のど真ん中過ぎると思うのですが…?


大通りの方へ出てきてみました。
この近辺はさすがに開けてますね。
お買い物できる場所も多いので人の通りもかなり多いです。


ふと見ると花壇にたぬきが埋まっていました。
特に何が在るでもないよくある置物ですが、
何の脈絡もなく花壇にぶっ刺さっていて妙な存在感がありますね…
この階段はその昔友人が自転車で落ちて骨折し入院したという思い出があるスポットです
まぁ注意書きがあるということはやった人がいたんでしょうね…それなりの数
公園周辺は緑が多くて涼しいです
レンガと羽織の色が併せてあるのが憎いです
この近辺も大きな通り毎に歩道橋があります 交通量多くて大型車も結構通ります 道の真ん中で自転車停めてずーっとスマホカチカチしてる奥さんがいました
空気感としては加賀屋周辺と似ていますね
カード等も取り扱っているようですので総合ホビーショップみたいな感じなんでしょうね
暑い日にはよく冷えたチェリオグレープ!
高速道路沿いに少し裏手に入ると商店街がありました。
真下に横断歩道もありますが、
折角ですからこれを渡って商店街の方へ行ってみましょう。


ここの通りを真っ直ぐに進んでいけば例の歩道橋がある場所に出ます。
いつかはそれを利用してこっちへ出てくるパターンも試してみましょう。

歩道橋前まで自転車で来れば、
こちら側を徘徊する時間も結構取れると思いますしね。

今日のところはこの界隈だけであまり時間は取れませんが、
軽い前哨戦と言いますか、下見という感じで見て回ってみましょう。


あまり距離はありませんが、わりと活気ある商店街ですね。

親子連れではなく子供単独でも結構ウロウロしていますが、
何か子供的にヒットするスポットでもあるのでしょうか?

ざっと流した感じそういう「溜まり場」になりそうなお店も、
特に見当たらない感じでしたが…?


アーケード街を抜けた先でも商店街継続です。

ここも結構自転車が行き来していますね。


おお!昔ながらの模型屋さんですね。
現役でご商売されている個人経営の模型屋さんは、
かなり珍しいのではないかと思います。

ミニ四駆ののぼりが出ていますが、
またちびっ子の間で流行ったりしてるんでしたっけ?

ふと見るとおとなりも同じご主人がやっているお店のようです。
わりと手広くやってらっしゃるようで、
その当たりが生き残りの秘訣のようです。


そしてこういう通りにはやはりチェリオがあります。
折角なので今日は買っていくことにしましょうか。
番長グレープを。


少し進んだ先で脇道を覗きこむと、
また別のアーケード街が見えますね。

小さい規模の商店街が点在しているというのも面白い感じです。


先ほどのそれとは趣が変わって素朴な感じの商店街ですね。

生鮮食品のお店が焚いている虫除けの線香の匂いがして、
とても懐かしい感じです。

実に昭和な空気がなんとも言えませんね。


商店街を抜けて表通りの方へ向けて歩き出すと、
公園で日除けの上に登っているボーイを発見。

下にいる相方としきりに「またゲットした」とか、
そんなやりとりをしている様子ですし虫捕りをしているのでしょうか?

でもそんな日除けの上の茂みで何が捕れるのでしょう?
蝉ではないでしょうしカナブンとかですかね?

さすがにこんなところにまでバッタはいないでしょうし。

しかしこういう光景を見ると、
なんだかんだで子供も自分たちの時代のそれと、
そう大きく変わってはいないんだなぁと安心します。
自動車とかがあまり入ってこずわりと静かな感じです
虫除けのくるくる回るヤツもありましたよ!
そうえいば虫カゴ的な物は持ってない様子ですね?
インド料理屋さんの存在感が…
すぐ後ろは大正郵便局です
直線だけで来るともっと短い時間で縦断はできそうです
さて、また表通りの方へ戻ってきましたよ。
再び大正区の北端を目指すのを再開しましょうか。


三軒屋の辺りまで来ました。
たしかここ通りを東側へ進むと浪速区の方へ抜ける橋があるんですね。
思えば大正区へ渡ってくる手段って結構あるんですね。
ずっとメガネ橋と歩道橋と渡し船と大正橋ぐらいと考えてましたが。

昔住んでいた事もあるのに実に不勉強な繰丸です。

まぁまたいつかそっち側へも回ってみる事にしましょう。


三軒屋の交差点を越えるともう大正橋は目と鼻の先。
すでにJRの駅が目視できますね。


駅の間近までくるとかなりの数の人が流れてきます。
まぁ駅もバス停も集中していますし、
少し行った先には大阪ドームもありますからね。


と、駅前をうろうろし始めた途端にバスが来ました。
今日の計画ではこのバスの乗るのも予定のうちですので、
逃す訳には行きません。

これを外してしまうとしばらく待ちぼうけを喰らいます。
なにせ一時間に2本しかない路線ですから…


えぇと、慌てて飛び乗ったので
折角の大正駅周辺をあまり撮る事ができませんでした。
遠くからでもドームを一枚も撮れなかったのは失態と言わざるを得ません。

予定ではこのままメガネ橋の向こうまでバスで移動するつもりでしたが、
少し手前で降りてまた渡し船経由で帰る事にしましょう。

なんだ、その流れでいいなら
もっと本数の多い別路線のバスでも良かったんじゃん!
とかは言いっこ無しですヨ?
JRのすぐ手前には地下鉄の駅があります
ドーム側から流れてきている人も多いのでしょうね
丁度隣の席に座った女の子が鼻ピアスしていました
三角関係の一点なのは「ときめきトゥナイト」です
番長プリントあるなしが選べます
楳図かずお先生風ですね
とりあえず大運橋のバス停で降りてみました。

ここからメガネ橋の方までの間を少し徘徊しつつ、
渡し船乗り場へゆく流れで参りましょう。

と、バスから降りてふと目についたのがこれ。
飲み屋のようですが、お好み焼きはあるんでしょうかね?


この界隈は以前深夜に来た時も少し徘徊しましたが、
その時に気が付かなかっただけでやはり番長いたんですね。

昭和っぽい町並みにはこれがないと収まりが悪いです。

さすがに2本目は買いませんよ?


ぶらぶらと歩くうちにもうメガネ橋が見えるところまで来てしまいました。

このまますんなり行くのも味気ありませんし、
少し戻る事になりますが、
例の神社横の公園付近を回ってみましょうか。


時期が時期だけあってお祭の準備中ですね。
ポスターには24日25日とありましたから、
まさしく今夜は初日という事ですね。

通りの方では出店のセッティングも始まっていました。


さて表通りに出ました。
ここはまさしく深夜徘徊で以前通った道ですね。
セブン-イレブンの看板も見えます。

ここを真っ直ぐに行けばメガネ橋です。


ちょうど繰丸が着いたタイミングで乗り場の方から、
だーっと大量の自転車が出てきました。
ちょうど一本戻ってきたところのようですね。

ここでも基本15分毎に一本サイクルなので、
慌てず騒がず待つ事にしましょう。

木津川にある渡し船の中で、
おそらくここが一番利用者が多いのでしょうね。

時間になるまでにもすでに待っているお客が多いです。

と?「渡し船が出ます」なんてアナウンスまで入りましたよ?
地味に近代化してるんですね。
そういや運行状態を表示する電光掲示板とか導入してましたね。


待ち時間もあっという間なら、
船が向こう岸に着くのもあっという間です。

あとはトボトボ歩いて帰るのみです。
いろいろ不手際もあってイベント性は薄くなってしまいましたが、
兎に角たくさん歩きました。
歩数計によると初の10㎞突破です。

汗もすさまじくかいたので、帰ったらシャワーにしましょう。
さすがに夜まで待てませんし、
そのままでいたら家人から苦情が出そうです。


では今回はここまで。
お付き合いありがとうございました。
台車に乗った牛の像も写真撮りたかったけどコミュ障なので…
本当に夏の空ですねぇ…
横にも何人か待ってる人がいます 実はビクビクしてました あちら側は通路の工事をしていました
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]