忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただいま13:30です
 しきりに「市営に来てくれ」と叫んでました
ちょっとウルトラマンAに似てますね
今回のコースは以前から徘徊予定として考えていたものなのですが、
昼間にするか夜間にするか、どちらかで迷っていたものです。
まぁ結局こうして昼間に出てきた訳なのですけど…
そんなこんなで本日も日中編です。


例によって今回も自転車との複合パターンです。
駅前に自転車と駐輪して、南港通をひたすら真っ直ぐ進み、
南港辺りまで歩いてみましょうか。


自転車ボーイズが激走していますね。
信号待ちの間に大声で横断歩道の向こう側の友達と話をしたり、
暑さ知らずの元気っぷりです。

連れ立って団地の方へと消えて行きました。
まるで嵐にようです。


通りにあるマンションにある動物ベンチです。
道路の方からは背面しか見えないので、
グラデーション塗装とかしてあって、
これ系では結構手が込んでいるなぁ…と、
正面に回りこんだらこの顔…

ちょっと目を大きく描き過ぎて怖い事になってますね。

ピンクと白のグラデーションは本当に綺麗なんですが、
この顔は少しギョッとしてしまいます。


高圧線用の鉄塔というやつですかね?
通りの奥に入るとやたらたくさんあるなーと思ったら、
変電所なんてあったんですね。

ここいら辺りから先は
主に工場や倉庫が多い一帯に入りますし、
たぶんそちらへ向けて電気を送る為のものなのでしょうね。

思えばこれをハードルの様にして飛び越えるエヴァンゲリオンって、
相当にでっかいんですね。
関電の施設ですがかなり広いです


手前の奥さんずーっとスマホカチカチしてました…
結構いい表情してるのですがそのまま掲載できないのが残念です
神輿の引き手は大人ばかりなのが意外です
遠くの方から太鼓の音が聞こえるなーと思ったら、
通りの向こうからお神輿の行列がやってきます。

加賀屋天満宮ののぼりを掲げていますね。
そういえば大正の例の公園のある神社も天満宮でしたし、
天神様のお祭はだいたい24日と25日でやる感じなのでしょうかね?

太鼓の山車ですが、叩いているのはほぼ女の子なんですね。
ご近所の神社では太鼓を叩けるのは男子のみみたいな、
そういう縛りがあった気がしますが、
近年はもう「細けぇことはいいんだよ!」みたいな事に
なっているのかも知れませんね。

太鼓に続いて神輿も来ましたが、
担いで歩くのではなくこれも山車に乗せて引いて歩く感じなんですね。

並走する感じでお飾りをつけた車も出ていましたが、
荷台部分ではボーイズが戯れているだけで、
何目的の車だったのかよく判りませんでした…

まぁきっと役割があってやってる事なのでしょうけど。
また後で適当に調べたりしてみましょう。


少し進んだ交差点辺りで、
お祭の運営本部らしきテント発見です。

大きなクーラーボックスが並べてありますが、
夜にはあれに子供向けのジュースや、
大人向けのジュースをたくさん詰めて振る舞うのでしょうね。

思えば出店の類は見当たりませんが、
それはまたどこか別の通りでやっているのでしょうか?
お神輿もここから送り出されたのでしょうかね?
これだけ鮮やかな赤い色のコンテナなのも「良し」です
実際に道路に出る教習の際には都合よさ気な立地です
救急車も毎回見かけている気がします
看板倒れているのが少し気になります
船便関係の物流センターのようですね。
○○フェリーとかそういう名前がプリントされたコンテナが
大量に積んであります。

手前のトラックの上には琉球海運と書かれたコンテナがありますが、
あれはやはり沖縄の方から来た荷物なのでしょうかね?

様々な荷物が集まってきているでしょうし、
おそらく普通に海外から来ている物もあるのでしょうけれど、
何かリアルな距離を感じさせる分、
沖縄から来たらしきこのコンテナに何か感じ入る物がある気がします。


この通りを曲がると住之江ドライビングスクールがあります。
通うには大変な場所のような気がしますが、
送迎バスみたいなものがあるんでしたっけ?

と、向こう側から車の間を縫って救急車がやってきました。
ナニゲに見かけるのは本日2台目だったりするのですが、
今日はなにせ気温高いですからね。
熱中症とかそういうの以外でも
急に体調崩しちゃったりとかしちゃうのでしょうね。


動物管理センターがありますね。
門が閉められているのは土曜日だからでしょうか?

繰丸も以前まではこの手のお仕事をしてくれているのは、
「市役所」と一括りで考えていましたが、
専門にわかれた施設になっているのですね。

ここで市内全域をフォローしているのなら、
本当に大変なお仕事だと思います。


でっかい黒猫さん発見。
関西の元締め支社か何かですかね?
何かもう圧倒されるデカさです。

通販でよくお世話になっており、会員カードも持ってます。
利用するとポイントが溜まって懸賞などに参加できるのですが、
懸賞にハズレても粗品を貰えるのでお得です。

ハンドタオルとボールペンはなかなかの使い心地ですよ。


運河をまたぐ歩道橋脇に立ってましたので一枚。
縦アングルで撮ってみましたがスケール感伝わるでしょうか?

いやはや大迫力で圧倒されます。

でっかいってのはそれだけでスゴイ事です。
看板は夜間ライトアップされるようですね
鉄塔の色分けにはどういう理由があるんでしょうね?
昇り口付近で一心にヤクルトの受け取り箱を洗っているお爺さんが… このへんスポーツサイクルに乗った人とわりとすれ違います
ちゃんと足の踏み場がありますね
ここの歩道橋でスタート位置から目標地までの、
だいたい中間辺りです。

運河を越える為の高架の上を、
さらに高い高架が横切るという変わった構造になっています。


反対側から登るとさらに上の高架橋に上がる事ができるようですね。
帰りはアチラ側を歩いてちょっと上も覗いてみるとしましょうか。


ご覧の通りここから先は
さらに倉庫と工場のみの地帯に突入する感じです。

それにしても鉄塔立ちまくりですね。
幅の広い道路や駐車場、倉庫などのせいか、
高い建物の間の隙間もわりと広く開いている感じですし、
なんとなく怪獣映画のロケーションのようです。


後半戦突入です。
ここまでで約30分ほどですから、
写真撮りながらと考えるとそこそこのペースですね。

目標地点までだいたい歩いてきた距離と同程度というこうことで、
単純計算で考えるとここからさらに30分ということですから、
帰りの事を考えると2時間では無理だなという感じにはなりますが、
細かい事は考えないで置きましょう。


路線廃止のバス停が立っていました。
さっさと退けちゃわないのは、取り払っちゃうとそれはそれで、
探しちゃう人がいるからなのでしょうか?

終了したのは去年3月とありますね。

となると時期を見て撤去するとかそういうのでもなく、
このまま置いておく感じなのでしょうかね?

また何がどうなって路線が復活する展開もあるかも知れませんし。


えーと…赤いワーゲンはラッキーだったかアンラッキーだったか?
まぁそれは兎も角とても綺麗だったので撮ってみました。

この写真でどの程度伝わるかわかりませんが、
単なる赤色ではなくメタリックカラーというのでしょうか?
ちょっとキラキラした赤い色をしています。

夏の日差しに青い空。
鮮やかな街路樹に赤い車…
というと少しわたせせいぞうさんの世界観っぽいですね。
帰りはこのDヤマザキでサンドイッチを買いました
よく見るとパネル裏返してあるんですね
ちゃんと潮の香りのする風も吹いています
ちょうど魚が跳ねましたがそういうチャンスを撮れない辺り流石と言わざるを得ません
さて、とりあえずの目的地に着きました。

予定では適当にここで引き返すつもりでいましたが、
ここまでの道中が結構イベント性に欠けた感ありますので、
ちょっと向こう側へ渡るぐらいはしてみましょうか。

橋の向こう側まで結構距離ありますけど、
まあ折角ですからね。


はい、とりあえず渡りきりました。

ここから南港です。

ちょっとお腹も空いてきたので、
何か食べられるお店でもあれば
休憩がてら入ろうかと考えていたのですが、

パッと見渡した限りお弁当屋さんしか見当たりませんね。
中で食べられるテーブルのあるタイプでもありませんし、
ここは諦めるしかないですね。

近くに公園でもあれば
そこでお弁当という線もありなのでしょうが、
残念ながらそういうものも見当たりません。

仕方ありませんから
適当に自販機で冷たい物でも仕入れて
一息入れるだけにしておきましょう。

そんな微妙お疲れモード入りはじめた繰丸の横を、
釣り竿を下げた自転車ボーイズが爆走してゆきます。

運河やら貯木場やらこの近辺は釣り場には事欠かないですからね。
自転車圏内なら港の方という選択肢もありますし。

この近辺在住のボーイズからしてみれば、
ちょっとした虫捕りぐらいの位置づけなのでしょうね。
港の方へ行けば何なりあるんでしょうけどそんな元気ありません
自販機もまばらにしかないので空き缶を捨てるのもわりと一苦労です
そういえば釣った獲物はどうするのでしょう?それらしき入れ物持ってないようですが?
さあ折り返しです。

お腹にしっかり何か入れる事ができていれば、
折角なのでフェリーターミナルの方まで出てもよかったのですが、
さすがに今はそこまでの元気はありません。

今後は出先で何もないケースを想定して、
携帯食のようなものをストックしておくというのも、
わりと有りかもしれませんね。

今日も出る時にお茶だけはキープしておいたのですが…
すでにすっかりヌルいですけどね。


おや?先ほどの自転車ボーイズですね。
案外近くで釣りを始めていました。

見ている範囲では針を投げ入れては引き戻し、
しきりに位置替えを繰り返していましたが、
結局釣果はどんなものになったのでしょうかね?

水鳥もウロウロしていますし、
魚も跳ねるのを目的していますから、
何かいるのは確実です。


反対側の歩道を別の自転車ボーイズが激走してきました。
南港方面へ向かって走っていますが、
どこか遊ぶようなスポットでもあるのでしょうか?

釣具等も持参していないようですけれど…?

まぁあれぐらいの年代にとってみれば、
どんなところでも遊び場になるでしょうからね。

人通りの少ない工場や倉庫周辺など、
絶好の探検スポットと言えるかもしれません。


帰りは行きとは逆の側の歩道を歩いている訳ですが、
こちら側だと港が見えたりしてロケーションとしては楽しいですね。

大小併せて船も結構出ています。

見ていてわりと飽きませんが、
ここから一時間ほどかけて歩いて帰らないといけませんので、
名残惜しいですけれど先を急ぐとしましょう。
今どきのボーイズは皆ボディバッグ持ってますね
赤い方は3倍速く動くのでしょうか?
本当に果てしない感じです タイミング的にはベストだったんですけどね
さあ平林の方へ戻ってまいりました。

橋を戻ってきてあと一息というのではなく、
ここからが帰り道の本番です。

お腹すきましたけど何か食べるのは
歩道橋近くのコンビニまでオアズケですね。

いつも歩いているようなちょっと筋が変わる事に、
コンビニがあるようなところが少し恋しいです。

本当にここまで何もないとは…
いや、少し筋を奥に入れば何かしらあるのでしょうけど。
たぶん。


いっそもう加賀屋までバスで帰ろうかしら?
などと考えたりして、
ちょうど時間もよいタイミングだったりもしたのですが、
あれこれ思案して迷っている間にバス行っちゃいました。

そういえばバスの本数は少ないのですが、
時間近くになるとどこからともなく人が出てきて、
そこそこの人数がバス待ちしていましたから、
やはりちょっと横の筋を奥に入ったりすれば、
色々あったりするのかもしれませんね。

近辺でお勤めしている風な感じでない人も多かったですし。


さて、
コンビニ前でサンドイッチとオレンジジュースをチャージして、
もうひと頑張りです。

歩道橋上の高架橋に上がってみる事にしましょう。


…これはなんだか果てしない感じですね…
折角だからーなんて感じで先まで行ってみようかなんて気も湧きません。

まぁここを歩くなら歩くで集中した機会を設けるべきな感じですね。
軽い気持ちでちょっと手を出すと火傷しそうな雰囲気です。


歩道橋を降りてくると丁度運河を横切るジェットスキーが。
なるほどこれからシーズンということなんでしょうかね。

ここからしばらくは木津川の方でも、
頻繁に見かけるようになるのかも知れません。


はい、南港病院前の交差点まで戻ってまいりました。

今回はやたら疲れた気がします。
単純に距離だけで言えば大正編の方がたくさん歩いたんですけどね。
イベント性に乏しかったという部分が
わりと大きかったのかも知れません。

最初にお神輿の行列と遭遇した辺りでは、
これは幸先良いぞと期待してたのですけどね。

まぁただひとつ言えるのは夜中来なくてよかったということです。
今回のコースを深夜徘徊で歩いていたなら、
自転車ボーイズとも遭遇してない訳ですしね。

本当に殺風景なところを真っ直ぐ歩くのみになって、
気持ち的に日中以上に辛かったのではなかったかと…

人と合わないで済むのはそれはそれで気楽ですが、
程度問題というヤツですね。

直接顔を合わせる合わせないのどちらにせよ、
やはり「生活」の痕跡みたいなものが伺えなければ、
イベント性みたいなものも発生してこないのでしょう。

そんな気がします。


では今回はここまで。
お付き合いありがとうございました。


追伸ですが、
もしかすると数日以内に告知無しで
何回か更新がストップするかもしれませんので、
予めご了承のほどよろしくお願いします。
絶妙に死角になる位置でおじさんが寝ていてびっくりしました
ここを越えると大正区の方へ出る事ができるようです
後ろの女性と目が合いました…気まずい…
まだまだ明るいですが16時を回ろうとしています
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]