忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜中通るのは結構怖いかもしれませんね
ダメ、ゼッタイ
日中編ばかり続くようですみませんが、
今回も真っ昼間の徘徊です。

しかもまたピクニック気分でぶらぶらする感じですが、
どうかお付き合いお願いします。


さて、これはご近所の公園内から続く下水処理場横の遊歩道です。
大きな車がばんばん行き来する道路とは
高めのフェンスで区切られており、
出入口経由でしか行き来できないようになっています。

実はなにげにここを通るのは初めてなんですよね。
出入りが微妙に面倒なので、
車道の端だったり反対側にある歩道を歩いたり、
わざわざこっちへ回って歩く理由がないと申しましょうか…

何度か通ったコースという事もありますし
今日は少しでも目先を変えようと思い立ったので
こちらへ回ってみた訳ですが、
それがなければ一生通らないまま終わっていたかも知れません。


なんだかすごい注意書きがありますね。

まぁ単純にゴミという部分はなんとなくわかります。
空き缶とかそういうものが投げ込まれたりするのかな?と、
イメージはできますし。

それにしても犬の糞?
しかも投げ込む?

以前にも自販機横の回収箱に
犬の糞を入れるなと注意書きがついた物がありましたが、
そちらも隠れて捨てに来る心の動きは
まぁまぁわからないでもありません。

でも塀の向こうに犬の糞をげ込むというのはどういうアレなのでしょう?
注意書きがついていて監視モニターまで導入してるという事は、
結構頻繁にやられたという過去があるという事でしょうし…??

本当に世の中色んな人がいるものです。
まさしく人の心は複雑怪奇です。


今のぐらいが一番客の薄いタイミングなのかも知れません
猫さんもウロウロしてましたよ
はい渡し船です。

渡ってくる船にはそこそこ人は乗っていましたけど、
戻りは貸し切り状態ですね。

さて、渡し船に乗ったという事は、
当然また大正区に渡るという話な訳ですが、
今日は前回スルーした千島公園、
つまり昭和山をアタックしようと思っています。

とりあえず山頂まで登ってそこでお弁当でも食べてみよう!
とまぁそんな体です。


前回は軽く横切っただけなので、
今回は小林公園も少しゆっくりめに歩いてみましょうか。

ただいまお昼ご飯時を少し過ぎた辺りですが、
わりと閑散としていますね。

遊具スペースが二箇所。
グランドが二箇所ありますが寂しい物です。

おや表通りに近い側の遊具スペースの日除けは、
やはり近所お父さんがたの社交場になってますね。

そのさらに奥の方に走り回る子供の姿が見えます。
ちょっとそちら側へ回ってみましょうか。

ボーイが木の向かって石を投げつけていますが、
それで蝉でも落とそうとしているのかしら?
と思ったら、どうやら枝の上に網を乗せてしまったようです。

なんでそんな状況になったかは謎ですが、
とりあえず手が届きそうな高さでしたので
取ってあげることにしましょうか。
石投げ続けられるのも危ないですからね。

子供相手なら精神構造的に近いのでまだ大丈夫な繰丸なのです。

ヤンチャっぽかったですがちゃんとお礼の言えるよい子でしたよ。
投石じゃムリだよボーイ
やはり人の通りは多いですがお年寄り率高めでした
まさかプールの写真で某社から怒られる事ないですよね?
職員のおじさんの顔デレデレでしたよ
今回はさっさと表通りに出てきましたよ。

昭和山アタックに備え、通り沿いのコンビニやお弁当屋さんで、
あれこれ仕入れる事にしましょう。

その辺りはそれなりに下調べして来てますよ。
南港通の惨劇は繰り返しません。


通りをちょっと横に入ったところで何やら昭和っぽい光景が。

兄弟揃ってビニールプールで行水です。

大きな車もたくさん通る大通りのちょっと脇で…
というところがちょっとユニークなところですね。
でもこういう雰囲気が混在しているのが、
この辺りのお土地柄なのでしょう。

先に昭和っぽいとか言いましたが、
夕方ごろに住宅街を歩くと、
案外ビニールプールが干してあったりもするので、
実は今もれっきとした夏の風物詩なのかも知れません。


消防署の前を通ると消防車を写生している女の子がいました。
単なるご近所の子なのか、それとも職員の方のお身内なのでしょうか?

足元に畳んだキャンプシートがありますが、
パイプ椅子は消防署が出してくれた物なのでしょうね。
親しげに話をしている様子を見るに実にアットホームです。

兎に角何かとてもめずらしい光景を写真に撮る事ができた感じです。


さてお弁当もお茶も仕入れました。
これよりアタックです。
…といっても30メートルほどの高さですけどね。

正面の入り口から公園内に入ると右手に体育館があります。
昔はここで児童向けのスポーツ教室とかやってましたが、
今もやっているのでしょうか?

今日は高校生ぐらい?のグループが、
中でバスケットボールの練習をしていたようです。
…もしかするとバレーボールかもしれませんが。


昭和山の入り口ですね。
さきほどからスポーティな格好のお年寄りとよくすれ違いますが、
よいハイキングコースなのでしょうね。

適度な広さもあり、木陰も涼しいですし。


そんなに高い山でもないと甘く見てましたが、
やはりそれなりに傾斜もあるので適度に山登り気分は味わえますね。
徘徊を始める前の繰丸なら、
途中で「もう無理」って帰るぐらいのハードさはあります。


ここもやはり昆虫天国ですね。
蝉もショワショワ激しく鳴いていますし、
トンボや蝶もたくさんみかけます。

丁度写真撮れる位置でハチが蜜を採取してますね。

今日はわりと写真運がある日なのかも知れません。
ここは千島公園の入り口になります
体育館の奥にはグラウンドもあります
そしてこちらが昭和山の入り口です
野鳥も観られるそうですが運悪くカラス、スズメ、鳩星人ぐらいしか遭遇できませんでした なんだか学習帳の表紙風ですね
ちゃんとゴミ箱があるのを見てホッとしました 唐揚げ弁当+のり弁当で「のりから弁当」です
ゴミ箱の中を確認するとぐるっとひと回りだけして降りてゆきました
登頂完了。
写真撮りつつゆっくり歩いてざっと10分ほどです。

標高33メートルだそうですが、
周囲の建物を軽く見下ろす事ができるほどの高さがあります。

高いところだけあって風も涼しいですね。
日除けの下に入ると汗もさっと引いてゆきます。

先客におばあちゃんに連れられた兄妹と、
おじいちゃんと虫捕りに来ていたボーイがいましたが、
繰丸が弁当を用意しだすと皆どこかへ行ってしまいました。

変なのが来たぞという感じで避けられたのでしょうか?
単に気を利かせてくれたのでしょうか?


さてお弁当タイムです。
歩いているうちにキャベツが越境してポテトサラダ領を侵略してました。

まぁそんなの些細な事です。早速いただきましょう。

こういう場で箸を使ってお弁当を食べるというのは、
公園のベンチでサンドイッチ食べたりするのとは、
またひと味違う趣がありますね。

この前公園でパック寿司を食べたりもしましたが、
それともやはり異なる感覚があります。

今度は自前でおにぎりを作ってきたりすれば、
気分的にもう一盛り上がりあるのかもしれませんね。


食後は少し身体が熱くなって汗も出やすくなるので、
少し休んで…と靴まで脱いでだらだらしていると、
清掃の車が登ってきました。

あぁ広い公園なのに結構綺麗にしてるなと思ったら、
こういう車が巡回しているのですね。

ゴミ箱の中身を回収したり、
状況によってその場で清掃をしたりするのが主な活動なのでしょうが、
こういう車が巡回している事で不用意にゴミを捨てたりする事への
抑止力にもなっているのでしょうね。

いやはや美観を守るお仕事お疲れ様です。


あまりに気持ちよすぎてこのまま休んでいては寝そうになるので、
適当に下山にかかりましょう。

登ってきた道とは逆方向から降りてゆく感じで行ってみます。


テラス状のベンチ?でしょうか??
何目的で設置されてるのか今ひとつ読めませんが、
ここで腰を据えて野鳥観察でも…という体なのでしょうか?

そういえばバーベキュー禁止の張り紙があった事を思い出しましたが、
こういうところでやられたのかも知れませんね。


さて、公園側の遊歩道まで降りてまいりました。
やはりここの通り近くの日除け下はお父さんたちの社交場になってます。

お手洗いも目と鼻の先にありますので、
溜まり場としては具合がよいのでしょうね。


出口へ来ました。
やたらと「止まれ」という注意書きがありますね。
以前にここで怪我をした友人の話をしたと思いますが、
やはり事故が多いのでしょうね。
ノンブレーキで道路に飛び出すとか考えるだけでも恐ろしいです。
反対側から降りれば入り口の反対側に出るだろうという単純な発想です
ここで休憩するのもちょっと勇気がいるかもしれません
全体的に南国風の公園になってますね
結構車通りもあるので飛び出すと実にデンジャーです
この辺りは主に巨大団地エリアです
さらば昭和山。
ということで入ってきた入り口の裏側の通りに出ました。

とりあえずこのまま川沿いの方へ行けば
落合上の方の渡船所へ行けますが、
折角なのでさらに周辺をウロウロしてみるとしましょう。

ここの通りを道なりに進めば千島ガーデンモールがありますので、
とりあえずそこ目標ということで。


思っていたよりそこそこ距離はありましたが到着したようです。
ホームセンター、古本屋さん、百円ショップ、
生鮮食品スーパー、ドラッグストアなど、
近所にあると便利な諸々が一箇所に集まっています。


とりあえず100円ショップに寄って、
タオルと柄つき手ぬぐいなどを買ってみました。
品目としては他の100円ショップとそれほど変わりませんが、
それぞれの種類としてちょっと小洒落た物が揃ってました。
そこら辺がSeriaの個性なんでしょうかね?
近所にないのが残念ですが。

帰りに一枚…と、
入り口付近でスケボーボーイが待ちぼうけ中の様子。
お友達と来たのでしょうか?それともお母さんと?

それにしても何故頑なに外で立って待ってるのでしょう?
一応モール内にはベンチだってあるのですが。
結構こじんまりとまとまっている感じです
結構見かけるのですがスケボーわりと流行ってるのですかね?
失礼な話ですが最初親子かと見間違えました
今回もそんなに歩いた感覚はないんですよ?
後から自転車でお母さんもやってきました
地蔵堂に目を取られ繰丸自身見落としかけたのは内緒です
そろそろ帰るかなーと通りをうろついていると、
キャッチボールに興じる姉弟がいました。
お姉ちゃんは結構歳が離れてる風でしたが、
弟のキャッチボールに付き合ってあげるとは、
ナイスお姉ちゃんっぷりです。

姉弟仲が良いのが一番です。


あら?なんだか高速道路が見えますよ?
どうやらまた繰丸はやらかしたようですね。

適当にウロウロし過ぎたせいで
すっかり泉尾の方まで来てしまっていたようです。

これはいけません、川沿いの方の通りへ出て、
引き返すとしましょうか。

別に木津川側歩道橋を歩いて帰ってもいいのですが、
そこまで回り道するとさらに泥沼に嵌りそうですしね。


川沿いの通りに出ました。
表の大通りと同じくこちら側の通りを道なりに進めば、
基本的に大正区を縦断できるようになっています。

もっときっちり土地勘があれば落合上の渡船所の辺りまで
また適当に他の通り徘徊しつつ…という選択肢もありますが、
基本的にだいたいの位置でしか場所を把握できてませんからね。
何しろ気がついたら
高速道路見えるところまで来ちゃってるぐらいですし。

と、通りに入って間もなくすごい勢いでダッシュしてきた制服ボーイズが…

学校開放などからの帰りなのでしょうかね?
大声を張り上げながら二人で全力疾走しています。

夏の暑さなど物ともしないそれ以上の熱量を持っているのですね。
思えば自分も子供の頃は暑さ寒さにそうそう動じない物でした。


渡船所が見えてきました。
前に立看板などが出ている訳でもないので、
ちょっと横から見ただけでは見落としそうな感じです。
通り的にもちょっと奥まったところにありますしね。


入り口に立つとしっかり渡船所としての存在感があります。
例によって着いた瞬間に船が戻ってきたタイミングが重なって、
降りてくるお客さんがぞろぞろ出てきましたが…
まぁ15分待てばすぐ次が出ますからね。


千本、落合下に比べるとやや川幅も狭く感じられ、
施設もややこじんまりした雰囲気ではありますが、
すぐ目の前に水門が見えるので、
ロケーションとしてはここが一番よいかもしれません。

ちょうど支流との分かれ目も見えます。

アナウンスが入ったりおじさんが繰り返し注意をくれましたが、
なんだかよく揺れました。
天候のせいとかではなく場所的な特質なのでしょうかね?


ようやく勝手知ったる通りへ戻ってきて振り返ると、
そこにはやはりヤツがいました。

番長がいるのを見るとホッとします。


帰る道々の公園でお母さんとお婆ちゃんと共に、
蝉捕りをするボーイと遭遇しました。

結構めずらしい組み合わせですね。
大きな公園で家族連れで虫捕りをしている光景はよく見かけますが。
だいたい虫捕りに参加しているのはお父さんがメインですし。

やはりおしっこ爆撃を受けそうになったり、
途中でおじいちゃんも参戦してきてボーイも大騒ぎでしたが、
無事に戦果をあげる事ができたようでよかったです。

お母さん、お婆ちゃん、お爺ちゃんもお疲れ様でした。


わりと今回も結局全然軽くないグダグダな流れでしたが、
まぁよかったんじゃないですかね?みたいな気分に
なんとなーくなれたようなそんな気がします。

では今回はここまで。
お付き合いありがとうございました。
待合室には座布団完備でした
ぼちぼち忙しくなる時間帯です
めちゃめちゃヨレてるよ番長… みんな実に良い顔をしていました
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]