忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こちら側の渡船所もパッと見分かり難いですね
高架下の古畳がめちゃたくさん積んであったのですがいったい?
案外低い建物が多いので空が高く見えます
ここ数回、阿倍野天王寺方面が続いていましたので、
今日はちょっと気分を変えてみましょう。

ご覧のとおり、こちらは落合上の渡船所ですが、
今日はこれに乗る訳ではありません。

大正の方には渡る予定ではありますけれど、
渡し船は使わないパターンです。

まぁとりあえず徘徊開始とまいりましょう。


渡船所を越え、水門を横に睨んで進んでゆくと、
すぐに高速道路が見えて来ます。

あぁ、木津川橋側歩道橋を渡る訳でもありませんよ?
こちらもスルーです。
今日はここからもさらに真っ直ぐに進みます。


高速道路の辺りまでは以前の深夜徘徊でも来ていますが、
何気にここからは未知の領域に突入です。

通りを二、三跨げばそれなりに見知った場所だったりもするのでしょうが、
川沿いのこの道はこれまでもまるで通った事すらありません。

やはり車通りが激しく、工場、倉庫などが多いですが、
その合間に挟まるように少し真新しい感じの住宅地があるのが、
少しちぐはぐな印象ですね。

道なりにコンビニすら見当たりませんし、
交通機関を利用するにしても表通りの方まで出る必要がありそうです。
住むとなると少し不便はあるかもしれません。

まぁ自転車があれば充分にカヴァーできるレベルの不便でしょうが。
実は繰丸の家周辺も似たような物なんですけどね!


そこそこ大きめの公園に着きました。
芦原公園だそうです。

テニスをしている人たちがいましたが、
他には遊んでる子供も涼を取っているおじさんも見当たりません。

まぁ折角ですから中をちょこっと横切るぐらいはしてみましょう。


おや、ここにもバーベQ禁止の看板が…
このぐらいの規模の公園でもバーベQやろうとする人いるんですねぇ…

バーベQなんて行楽地のイベント的な物ぐらいに考えていましたが、
世間ではそれほどまでに浸透しているものだったのですね。
繰丸もいよいよ認識を改めなければなりません。

そういえば100円ショップでもバーベQ用と思われる、
大型の折りたたみできる焼き網とか売ってますね。

そうかぁ…そんなにみんなやってる物なのですねぇ、
…バーベQ…

てか公園の至る所に注意書きがあった訳ですが、
ここでもよっぽど焼いた人がいた感じなんでしょうかね?

まぁ近所の公園で肉とか焼いてる一団がいたら、
わりとギョッとしますよね?

それに焼いている側ももう少し気分の出る場所を選んだ方が、
より美味しくいただけるのではないかと思います。

やはり重要なのはイベント性ですよ。


えーまぁバーベQはもういいとして、
公園を突っ切ってまた通りに戻ると見えてまいりましたよ。

最近になって知った新たな大正区へと渡る手段、大浪橋です。
いや最近になって~とか言ってますが、
別にできたのが最近という訳ではないですよ?
繰丸が全然不勉強で最近その存在を知ったというだけの話でして。

今日はあれを使って大正区へと渡り、
そこから前回あっさりバスに乗ってしまったせいで、
ちゃんと写真すら撮らなかった
大阪ドームの方を回ってみようかと思います。
グラウンドの方にはベンチスペースまである本格仕様です
遊具関連は本当に愛想程度ですね
回り道するとなると少し面倒だなーとか思ったのは内緒です


橋の上はひっきりなしに人の行き来がありますがここから上がってくる人は少ないようです あまり高さはないので川も近くに感じますね
ちゃんと此方側にもバス停があります
よく考えたらここのカフェスペースで食べて行けばよかったんですよね…
遠目に見たところ、
橋を渡るには表通りの方に出ないとダメなのかしら?
とか思っていると、
ちゃんと川沿いの通りからも橋上に出られるよう
階段が設置されていました。
いや、行き届いてますねぇ。

早速上がってみましょう。


メガネ橋や木津川橋側歩道橋の比べると高さがありませんね。
きっとここら辺りまでは大きな船が入ってこないのでしょう。

そのお陰かどうかはわかりませんが、
橋の両側の柵はがっちりガードされている感じではなく、
川を眺めるのにもわりと具合の良い感じです。

そしてなにより渡るに際してのハードルはかなり低いですね。
なんだかんだでメガネ橋にして側歩道橋にしても、
それなりに体力使いますからね。

わりとひっきりなしに人が行き来していますが、
そういう理由でこの大浪橋を移動手段として選ぶ人も多いのでしょう。

ただまぁ繰丸の場合はここをほいほい使うには、
ちょいとばかり距離ありすぎかな?というところですが。

位置関係上、消費体力で換算すれば他の手段を選んでも、
実は大差ない感じだったりするかも知れません。


橋の途中ですが、なんだか変なところにバス停が…
降りきったところでもなく途中にこんなものがあるのは、
結構珍しいパターンなのではないでしょうか?

道幅もありませんし、わりと往来のある場所ですから、
バスを待つには少々不便があるような気がします。


はい大正区へ入りました。

今日も当然暑いは暑い訳ですが、
薄曇り状態でいくらか過ごしやすい感じですから
わりとすいすいここまでやってくる事ができました。

ここからまたさらに北上して大阪ドームを目指す訳ですが、
その前に何かお腹に入れる物を仕入れるとしましょうか。

実はお昼ごはんまだなんですね。

適当にサンドイッチとアイスでも買って、
その辺りの公園で食べてから先へ進む事にしましょう。


公園を求めて裏手の道に入ると、
テニスを楽しむボーイズと遭遇しました。
さすがにボールは軟球のようでしたが、
バドミントンではなくテニスというのは結構珍しい印象ですね。

やはりテニスも世間的に浸透してきている感じなのですかね?
繰丸は古い人間なので
お金持ちが別荘でやるスポーツというそんなイメージしかありません。
少なくとも道端で子供が遊んでるというような印象皆無です。
バーベQの件といい、世の中刻々と変化してるのですね。

いやはや取り残されまくりです。


探し方が悪いのか全然公園の類に遭遇できません。
いつも歩いているような場所だと、
適当に通りをぐるぐる歩いていれば、
小さな規模でも公園にぶつかるものなのですが…

仕方ないので、
大きなマンションのエントランスの日陰部分にでも腰掛けて、
サンドイッチ等やっつける事にしましょうか。

さすがにショッピングモールもあるような場所を、
サンドイッチとアイス片手にウロウロする訳にも行きませんからね。


さて、腹ごしらえも済んだことですし、
駅前から大阪ドームへ向かって歩くとしましょうか。

おお、なかなか風情のある商店街がありますね。
ここを通って通りに出るとしましょう。
写ってませんけどお仲間はもう一人います
大阪名物トーフスープ…?やはり繰丸は不勉強です
飲み屋通りみたいな感じでした
尻無川を越える訳ですが昔からなんだか字面が怖いなーと思っていたんですよね 誘導灯は見てる側としては軽く振るだけで充分動いて見えるので大きく振ると却って見難くなるというアドバイスでした
そういえばイオンって身近で見かけない気がします
帽子というより巨大ハンバーガーっぽいですよね
そういえば正式名称は京セラドーム大阪なんですよね
大正駅からさらに北に抜けます。
見えて来ましたね、大阪ドーム。

ホームセンターとその先にはイオンモールが見えます。
ここへ来るのも実は初めてなのですが、
とりあえず行ってみましょうか。


今日は平日ですが、
世間的にそろそろ休暇時期に入るところもあったり、
そもそも夏休みシーズンという事もあってでしょう、
結構な数の守衛さんが出ています。

信号や入り口には必ず一人ついている感じですね。

その中で片方はおそらく新米さんなのでしょうかね?
先輩の方が誘導灯の降り方を指導していました。

きっと夏季用に増員されたりもしているのでしょうね。


イオンモールの前まで来ました。でっかいですねぇ…
これならゾンビが来ても安心して立て篭もる事が出来るレベルです。

それにしてもアニメやらに出てくる秘密基地っぽい景観ですね。
駅の入り口の凝りっぷりやらドームの存在感やら。

イオンモールじたいも結構凝った建物ですしね。

色んなところが開いてバリヤー発生器とか出てきそうです。


イオンモール横のエスカレーターや階段を使うと、
ドーム内施設の方へ進む事ができます。
1階は主に駐車場になってる感じっぽいですね。


エスカレーターを上がってドーム正面へ来てみました。
さすがに施設の中心だけあって人もたくさんいます。

今日は阪神と中日の試合があるようですが、
そういえば黄色いはっぴ羽織った人もちらほら見かけました。

お土産物屋さんがあるようですが、
まぁ人が結構多いようですし中に入るのはやめておきましょう。


イオンモールの方へ引き返してまいりました。
折角ですからこちらは少し中を覗いてみるとしましょうか。


二階入り口から入ると専門店街?になるのでしょうかね?
薬局だとかペット用品店だとか色々ありますが、
まぁ今日のところは用はありませんので、
1階の食料品売場へ降りるとしましょう。


…ただ冷やかしだけというのも…とは思ったのですが、
予想以上にレジが混んでいたので、
残念ながら今日のところは買い物はパスすることにしました。

そして適当な出入口から出たのですが、
案の定「ココドコ?」みたいなところへ出てしまいました。

どうやら裏側に回ってしまったようですね。
表側に戻るとしましょうか。
そちらに戻らなければ帰るにも不都合です。


戻るにあたり駐車場を横切る事になるのですが、
思えばドーム球場としての機能はこの上に乗ってる状態な訳ですよね?
そう考えるとかなりすごい感じです。

ここも地下ではなく地上1階な訳ですからね。

やはり秘密基地感がマシマシです。

この採光窓も松本メーターっぽいといえなくもないですしね!


さて、買い物は断念しましたが、
なんとなく満足はしたのでこれより帰還コースへ入ります。

日の感じからもお分かりいただけるでしょうが、
もうすでに夕方というべき時間になりつつあります。

しかし未だに人の流れは途切れません。
どんどん大正駅の方から人がやってきます。

試合観戦目的なのでしょうか。

にしてはちょっと早い気はしますが、
でもまぁ思えばすでに球団のはっぴ着て
すっかり臨戦態勢の人たちもいた訳ですから、
そういう物なのかも知れません。

前乗りしても充分時間を潰せる施設もある訳ですしね。
見て回り甲斐のありそうな広さですが今日は軽く撫でるだけ程度で…
店内が微妙薄暗かったのですが節電的なアレなのでしょうか?
その辺のスーパーと同じノリで適当に出入りしてはダメという事ですね
バス乗り場?市バスがここまで?と思ったら送迎バスでした デザイン的にもいろいろ凝ってますよね みんなちゃんと通行方向を守っているのは何気にすごいと思いました
橋の謂れを刻んだモニュメントも設置されています
さて、お次は大正橋です。
帰りはここを渡って大正区を出るとしましょう。

尤も、大阪ドームまで行った時点で
すでに一度大正区は出てるんですけどね。

出て戻ってまた出て…と書けば
何やってんだ?みたいな感じがしないでもありませんが、
細かいことは考えないでさっくり渡ってしまいましょう。


橋を渡りきった所にこれまたすごい存在感の慰霊碑が。
昔の洪水被害者の為の慰霊碑みたいですね。

碑の謂れ等、横に貼りだされています。

近年、大阪は台風などで大きな被害を受ける事がなく、
わりとすごい回避率を誇っている訳ですが、
こういう物が大阪を護ってくれているのかも知れません。


とりあえず大正区を出ました。
このまま直進するとおそらくなんばの方に出る事になる訳ですが、
さすがにそっち方面へ回る元気はありませんので、
適当に川沿いの道に入れるように曲がるとしましょう。

自転車で来ていたならここも直進して
また泥沼状態になっていたかもですが、
今日は違いますよ?
備品倉庫なども設置されています
丁度あのガソリンスタンド横を曲がりました
ボーイはもう本当に一心不乱にゲームをしてました
夕方になっても人の行き来は盛んなようです
行き道は完全に川沿いの道でしたので、
そのいくらか横の通りを歩く事になるよう、
曲がる道を選んでみました。

と、しばらく歩くと遠くから赤い回転灯が…
またパトカーか何かかと思ったのですが、
どうやらロードサービスの車だったようです。

ママさんとドライブ中にトラブルが発生した感じなのですかね?
心配げに事態を見守るママさんの横で、
ボーイはすっかりゲームに夢中のご様子。

時間帯的に帰り道で事が起こった風ですが、
そうでないならちょっと可哀想ですね。


JRの高架を越えると大浪橋です。
今度はちゃんとした橋の昇り口の方ですね。

体感的にここから大正橋の方へ向かうのと、
逆に大正橋からここへ戻るのとでは、
後者の方が何か距離を歩かされている気になったのですが、
まぁ行き帰りの足の重さの差というとこのなのでしょう。
きっと。


葦原公園の横を抜け、芦原自動車教習所前まで来ました。
そういえばロードサービスの車が来ている所の写真でも、
ちらっと写ってますね、教習場の車。

住之江の方の教習所もそうでしたが、
やや外れに教習場が建ってますけど
ちょっと裏手の道に隣接しているというのが都合良いのでしょうね。
さすがにぼんぼん車通りの激しい通りを
路上教習で走らせる訳にも行かないでしょうからね。


昨日の場合もそうだったのですが、
ある程度わかってはいる道ながらも、
歩いていて今ひとつピンと来ないという状態なのは、
やや辛いところがあります。

道なりに何か面白い物でも見当たるのなら別ですが、
そうでもない状態でそういう道をただ歩くのは、
ちょいとしんどいものです。

ただ昨日の南港通の場合と違い、
ぼんやりとでも「この辺かなー」みたいなものが、
わかりだけマシとは言えますが。

おそらくこのまま進んでも普通に帰る事はできるのでしょうが、
ちょっと脇道へ逸れてみるとしましょうか。

高速道路も視界内にありますし、
もう一つの指針できる線路もあります。
そうそう変な方向へ行って迷う事もないでしょう。
多分。
高速道路も間近ですから立地としては理想的ですね
大きな踏切に陸橋に高速道路となかなかに込み入った感じですね
普通に路地にしか見えないような通りなのになかなか異質です
見るからにイカス脇道です。

わざわざこんな狭い道にとまれなんて書いてあるところを見ると、
自転車やミニバイクの飛び出しが多いのでしょうね。


路地のような道を抜けるとそこはわりと普通に住宅街な訳ですが、
なんだか変な雰囲気です。

玄関先にドアミラーをくっつけている家があったり、
窓に嵌めてある格子部分に後付で色んな形の
不揃いな板を打ち付けてある家があったり、
よくわからない窓口のついた家があったり…


中でも最もよくわからなかったのがこれです。

路地を塞いで侵入不可にしているだけでなく、
立ち小便を牽制するような鳥居がセッティングされていて、
かつ濃い顔が睨みを利かせています。
わざわざビス止めしていますね。

大凡人の顔の高さにあるので、
おそらく何かの牽制目的の物なのでしょうが、
それにしてはあまり怖い顔でもありません。

鳥居との組み合わせでといいなんだか意図不明です。

そういう意味ではちょっと怖くはありますが。


不思議エリアの終わり付近にパン屋兼タバコ屋さんがあります。
なんだか昔ながらのお店という感じで、
お婆さんが切り盛りしているようですね。

ミニバイクに乗ったおじさんがアイスを買いに来ていましたが、
呼んでもなかなかお婆さんが出てこない様子で、
何度も奥へ呼びかけていました。

実に昭和な感じです。


そこから少し進むと高速下へやってきました。
ここを右手にゆくと木津川橋側歩道橋の昇り口です。

あとは道なりに歩いてゆけば
もう完全に勝手知った道へ出る感じになります。

自宅までまだそこそこの距離はありますが、
あと一息というところですね。

夕方になってさらに涼しい感じになりましたし、
あともうひと頑張りするとしましょう。


さて今回は大阪ドームへ行くという大きな目的はありましたが、
どちらかといえば脳内地図補完の要素の方が、
若干強めだった感じです。

実は今回のコース、深夜で回る事も考えていたのですが、
昼間で良かった気がしますね。

夜だとちょいと怖い感じだったかもなーと
思う部分もちょっとあったりしましたし。

まぁ何より深夜に大阪ドームまで行っても
見て回れるところも限られていたでしょうから、
そういう意味でも昼間で正解だったのでしょう。


では今回はこんなところで。
お付き合いありがとうございました。
お年寄りの世帯が多そうな感じなんですけどちょいと妙な一帯です
お店の向かい側には立派な地蔵堂がありました
歩道橋昇り口辺りではスケボーボーイが練習に励んでいました
PR
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]