忍者ブログ
日々見たものや思ったことがらをだらだらと
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前にここでジェットスキーやってる人もいましたよ
祭り舟じたい平たい感じなので見てると地味にヒヤヒヤします
今回もまた方向性の模索です。
そのうえまた日中編です。

続く感じですがあれこれ試行錯誤の時期となにとぞご容赦のほどを。


さて、最近は自転車を持ちだしたりと、
複合技であれこれやったりしていた訳ですが、
この度の趣向はそのさらに拡大版といった体です。

まぁ乗り物を持ち出すのならば何も自転車に限定する事もないよね?
ということで、今日は渡し船に乗ってみる事にしました。

利用するのは何年ぶりでしょうか?
ものすごーく久しぶりで新鮮な気分ですね。

金曜の真っ昼間の利用者なんてそうそういないだろうなとか、
そんな風に思っているとすでにお爺さんが一人いました。

待ってる間ストレッチしてますね。

繰丸と同じくちょっと運動がてら遠出してみようパターンでしょうか?


平時はだいたい15分毎に船を出してくれますので、
あまり待たずに向こうに渡る事ができるのは便利良いですね。

と、船が来る時間になると結構人が集まってきましたよ?
メガネ橋や歩道橋よりずっと手軽に利用できるので、
ちょっとお買い物だとか軽くお散歩とか、
そういう目的で常時利用者は絶えないのかも知れませんね。

渡ってきた船にも結構人が乗っていましたし。

渡し船の横をボートに引かれた祭り舟が横切ってゆきます。
どこのお祭が出しているものでしょう?
お囃子は鳴らしていましたし単なる移動ではないようですね。
もしかするとこうして運河をぐるぐる周回しているのかもしれません。

きっと古くからやってる行事なんでしょうね。
今回初めて見た訳ですが。


渡し船のお陰で超あっさりと大正区へ上陸できました。
20分かけて徒歩でメガネ橋を渡っていたのが嘘のようです。

ちなみに今回渡ったのは落合下の乗り場のもので、
大正区のほぼ真ん中辺りの位置に当たります。

とりあえずざっくりとした目的としては、
ここから北上してゆき大正橋の方へ、
つまり大正区の端まで行ってみようという体です。

基本的に区画整備がわりと行き届いた地域ですので、
どこかしら大きな通りを選んで真っ直ぐ歩けば、
縦断するのは実に簡単な訳ですが…

まぁ折角なのでこのまま真っ直ぐは歩かず、
目の前の公園を抜けてみましょうか。
『小林公園』という名前の公園です

PR
雨でも取りに行かなければなりません 薬がないと死にますからね
今日はお医者さんへ薬を取りに行く日なので、
そのついでに徘徊をしようという体です。

そろそろ日中編の回数も増えてきているので、
カテゴリー分けしてもよいかもしれませんね。
まぁ適当に考えてみましょう。


さて昨夜からに引き続きよく降っています。
雨粒も大きいですが、予報では昼前ぐらいから、
マシな感じになってくるようですね。

最近は本当に刻一刻と予報が書き換わる、
ひじょーに予想し辛い時期のようなので、
実際どうなるかはわかりませんが、
適当に雨も上がるという展開を当てにしてみる事にします。

「CATACOMBS」 デジタルサイト 2007 監督:Tomm Coker/David Elliot
ものすごーく月次で当たり前のお話なのですが、
人生というのは目的通りの結果を得られる事の方が少ない物です。

この世界はほぼ「ままならない」要素で構成されており、
自分自身の心や身体も時としてその「ままならない」要素となって、
とても恐ろしい敵として、障害として、
結果を妨げる原因と化す場合もままあったりします。

一度そういう歯車が狂い始めると、
やることなす事全てが裏目にしかならず、
良い結果を得られない、無為に終わるといったそういうレベルでなく、
何もかもが悪い方へしか作用しないなんて事もあります。

まさしく泥沼ですね。

最善の行動を取っているつもりでいながら、
どんどん自ら『最悪』の深みへ深みへと歩を進めていく訳ですから。


恐ろしい事に『最悪』というものは
何かしら磁力のようなものを持っており、
さらに多くの『最悪』を引き寄せて来てしまいます。

自分自身の行いによる『最悪』。
それに引き合う他人の手による『最悪』。
まるでドミノ倒しのように『最悪』が折り重なり、
時として人を押し潰してしまうのです。

そんな時ってありませんか?

もう何をやっても上手く行かない時って?
上手く行かないどころか何もかもが裏目に出て、
何かやればやるほどただ被害が広がるだけで、
これじゃ何もしない方がマシだったよ!みたいな時って?

今回紹介させていただく「カタコンベ」という映画は、
まさにそんな感じの作品です。

見様によっては少し怖いですよねさわやかおじさん
ご近所のお祭は20日21日の日程でした
また夜半にかけて天候が悪化するらしかったので、
日中のうちに更新ネタを出てきた訳ですが、
やはりものすごく良い天気ですねぇ。

確かに雲は厚めで風が強い感じはありますけど。

とりあえず夜までの間は急に降ってくるという事もないようですし、
買い物がてらぶらぶら自転車徘徊してみましょう。


今回も加賀屋周辺です。
前回はここから大和川の方から住吉大社までと、
変に広域を回りすぎてとりとめなくなってしまいましたが、
今日はこの辺りをなるべく中心に散策してまわる事にしましょう。

と、いうことで加賀屋天満宮ですが、
ここも提灯が下がっていてお祭りムードですね。

実際の縁日等はこれからなのでしょうか?
それとももう終わったのでしょうか?

だいたいのところは15日辺りから20日前後ぐらいの間で、
お祭をやっているようですが。

ちなみに今回は開始時間を30分ほど繰り上げています
前回いきなり不慣れなところへ出かけてしまい、
あまりその恩恵が感じきれなかった部分もあるかなーと思い、
今回はおもいっきり勝手知ったる場所で自転車との複合パターンを
試してみようかと思います。

いつも徒歩でここまで来る場合だいたい20分ほどかかる訳ですが、
自転車なら5分程度で到着してしまいます。

では駅前に自転車を停めて早速徘徊スタートとまいりましょう。


先ほど「勝手知ったる」とは言いましたが、
何もまるっきり見知った界隈を今回歩く訳ではありません。
折角時間的な余裕ができる事を見越して出てきている訳ですし、
今まで踏み込んだ事のない領域への徘徊を試みようかと思います。

ここでも前回からの反省点です。
今回は事前に軽い下調べもしておきました。
まぁ極力思いつくまま…という趣旨からは外れるかもしれませんが、
ある程度の目標地点を置く方が、その前後の身の振り方について、
脳内マップの指針を失い難いのではないかと思うのですね。

阿倍野編はその辺りあまりにも考えなし過ぎでしたし。

ということで、とりあえずは松虫通を軸に歩いてみる事にします。

案外静かなものだったりします
はい、本日は天王寺駅前までやってまいりました。

数日前に一度昼間のうちに来ているのですが、
やはり昼と夜とではまるで印象が違いますね。
ターミナル駅前で繁華街もあるのですが、案外人通りもまばらで、
車の通りもそれほどではありません。

客待ちのタクシーは結構停まっていますけどね。

連休最後の一日前夜ということで、
もう少し人出もあるかなと思っていましたが予想外ですね。

まぁとりあえずちょっと周辺をウロウロしてみるとしましょうか。

PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2019 いまさらなハナシ All Rights Reserved.
Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]